戸建て注文住宅のメリット

大きなメリットは希望通りの住宅が建てられる

戸建て注文住宅の大きなメリットと言えるのが、希望に沿った住宅に住める可能性が高いという点です。戸建て建売住宅の場合は、既に完成している状態の物を販売するため、家族の希望を住宅に反映させるのは容易ではありません。一方、戸建て注文住宅は、間取りや外観など全ての項目において要望したものを形にする事ができます。部屋の数や広さ、バスルームやキッチン、トイレといった設備、住宅を新しく建てる際は、様々な要望が出てくるものです。よほどの無理難題ではない限り、これらの要望に関しては予算の範囲内であれば実現させる事は十分に可能と言えるでしょう。また戸建て住宅の場合は、間取りや外観などほとんどを顧客が決めるため、全く同じ家が存在しないオンリーワンの住宅で生活できるというメリットもあります。

建築現場を見学できるのも戸建て注文住宅ならではのメリット

戸建て注文住宅ならではのメリットと言えるのが、建築現場にて自分の目で作業の様子をチェックできるという点です。戸建ての建売住宅では、住宅が完成していく過程を見る事はできません。一方、戸建て注文住宅の場合、住宅が完成するまでの途中のプロセスを見学する事が可能です。顧客が建築現場を見学にくるという事は、業者側としては緊張感があり、「下手な仕事はできない」という気持ちにさせてくれると言えます。戸建て注文住宅を購入したら、手抜き工事のリスクを減らすためにも時々建築現場を訪れて作業の様子をチェックするのがおすすめです。 また戸建て建売住宅の場合、人件費や材料費といったコストが抑えられている傾向があります。完成当初は見た目がきれいでも目の届かない部分に欠陥があると近い将来、生活に支障をきたす可能性もあります。そのため、そのような観点においても建設現場をチェックできるという事は大きなメリットと言えます。

新築一戸建てを購入するときには、引っ越しをする前に、新居に不備がないかどうかをしっかりチェックしておくことが大切です。