注文住宅の間取りを考える際に注意しなければならないこと

生活動線を意識しよう

注文住宅を建てるにあたって、部屋の間取りは非常に重要です。暮らしやすい間取りになっていれば、住み始めてからも快適に生活することができますが、おかしな間取りになってしまうと、せっかくの注文住宅が非常に住みにくいものになってしまいかねないからです。暮らしやすい間取りを実現するためには、生活動線を意識することがポイントとなります。生活動線というのは、生活するうえで居住者が室内をどのように移動するかを線状で表したもので、その上に障害物がなるべく少なくなるような間取りが住みやすいものとされています。そのため、あらかじめ施主の家族の生活動線をイメージしたうえで、それを妨害しないようにスムーズに室内を行き来できるように設計するのが重要となるのです。

必要以上に複雑にしないこと

生活動線を重視した間取り設計が重要とはいえっても、こだわりすぎるあまりに必要以上に複雑な作りにすることは望ましくありません。複雑な間取りは建築コストの高騰につながりますし、もし将来的に住宅を売却することになった場合に、万人受けしないため買い手が見つかりにくい可能性が高まるからです。予算が潤沢にあって、何があっても売却しないというのであれば、どのような間取りでも良いかもしれませんが、先々何が起こるかは誰にも分かりませんので、建物の資産価値を守るためにも間取りはなるべく市場において高く評価されるようなシンプルなものにした方がよいでしょう。生活動線を意識しつつ、必要以上に複雑になるのは避けるというのが理想的な間取りの設計法といえるでしょう。

分譲住宅は住宅業者が大きな土地に数件の住宅を建てて切り売りしているもので、割安で買えることが多くなっています。