注文住宅の間取りとは?

生活における様々な機能を効率化させるために重要です

注文住宅づくりの良いところは、自分たちで間取りを自由に変えられる点です。ところで注文住宅をチェックするときには、良い間取りだったり悪い間取りだったりと評価されることが多いです。しかし、何をもって良し悪しとするか分からない人もいるでしょう。注文住宅づくりにおける間取りとは、機能的側面を考えて設計されることが多いです。これは建物の中で行われる様々な活動が、いかに効率良く行われるかを考慮するものです。 分かりやすい例がキッチン周りの間取りかもしれません。食事の用意から片付けまでの一連の流れは、調理してから配膳をし、食事を済ませたら下膳するのが一般的です。時間的に連続する行為であるため、空間同士を近づけるためにダイニングキッチンなどに設計されます。機能を効率化できれば良い間取りであり、そうでないと悪い間取りとなります。

快適に過ごすために風通しの良い間取りを

注文住宅における間取りといえば、日々の暮らしをイメージできる生活動線をイメージして設計するケースが多いです。確かに生活第一で考えると、機能的側面を重要視してしまいます。しかし、快適に長く過ごすためには風通しの良い間取りを設計することが重要です。家の中にいて、風を感じられるようになれば、快適に過ごすことができます。太陽の光と同様、自然の風が入りやすい間取り設計は大切なポイントです。そのためには、窓の配置がポイントになるでしょう。 例えば吹き抜け構造にして大窓を設ければ、明るく開放感のある間取りになります。大窓を開ければ自然の風が入ってくるので心地よく過ごせるでしょう。風を通り抜けさせるために、2つ以上の窓を設計するのが望ましいです。もし図面が存在すれば、窓と窓を線で結び、その間に障害物がないかをチェックしておくと良いです。

建売住宅は、既に建っている物件を見てから購入することが可能なので、引っ越し後に不満が出にくいのがメリットです。