戸建て注文住宅のデメリット

建物の安全性を保つためにイメージの変更を求められる

理想のマイホームをそのまま形にできるイメージがある注文住宅ですが、建て主の希望をすべて実現できるとは限りません。戸建て注文住宅の場合、建物の安全性を第一に考える必要があることから建て主の希望とは異なる形に仕上がることもあります。すでに完成している建売住宅は建築会社など建物の安全性に詳しい専門業者がデザインしているので問題はありませんが、注文住宅の多くは建物を安全に建てるための知識を持ち合わせていない素人です。安全性を考慮していない素人の希望をそのまま形にするのは非常に危険なので、設計の段階で修正しなければいけません。建て主は自分が思い描く理想のマイホームがそのままの形で完成すると思っているため、修正されることに強いショックを受けてしまいます。

費用が割高になることも少なくない

注文住宅は同じような間取りの建売住宅と比べると費用が割高と言われています。中には住宅を二つか三つ購入できるほどの大金をつぎ込んでしまうケースもありますが、これは特注品の建材を使ったり、家作りを手掛けるコンサルタントを雇うなどの出費が嵩むためです。理想のマイホームを建てるために細かい部分までこだわる建て主は少なくありません。建材ひとつを取っても材質やサイズに徹底してこだわるため、その住宅を建てるためだけにわざわざ建材を作ることもあります。量産された建材と比べるとはるかに高額なので、必然的に費用が嵩んでしまうのです。好みのデザインにしながらも建物の安全性を保つために、家づくりに詳しいコンサルタントを雇うのも費用が嵩む理由のひとつになります。